2018年7月23日月曜日

7月23日(月)

本日は二十四節季のうちの「大暑(たいしょ)」。どうりで暑いわけです。二十四節季はもともと中国のものが日本に伝わったとかで日本の気候とは微妙にズレるらしいのですが、今年の大暑はドンピシャですね。でも私ジツは暑さは好き。だってたっぷり汗かいたあと、仕事アガりの麦のアレが旨いじゃないですか。翌日熱中症にならないように量は控えているつもりですが。(HN)

2018年7月22日日曜日

7月22日(日)


相模原市立小・中学校が昨日の土曜日から夏休みに入りました。午後から相模原のサッカーチーム約50名が来園し、昼食後に四季の広場の大型遊具で楽しそうに遊んでいました、やっぱり夏休みなんですね。また、今日は「昆虫ふれあい講座」! 公園で夏休みの宿題のテーマ探しをしてみてはいかがでしょうか。ご来園をお待ちしております。(SK

2018年7月21日土曜日

7月21日(土)

朝、アサガオの葉っぱに茶色と金色の混じった綺麗な卵が産みつけられているのを見つけました。こんな綺麗な卵から生まれてくるのはどんなに綺麗な蝶々なんだろうと思ったら、カメムシの卵でした。調べたらホオズキカメムシという地味なカメムシでした。ちょっとガッカリ(^^;)綺麗な金色というとアサギマダラのサナギにある金色の斑点を思い出します。どちらも自然界が作り出した色。こんな綺麗な色が自然に出来るって不思議。すごいな~と思います。(s)

2018年7月20日金曜日

7月20日(金)

毎日厳しい暑さが続いてますね。寝苦しい夜が続いています。我が家は冷房をつけて寝ていますが、すっかり喉を傷めてしまいました。なかなか体調管理が難しいですね。さて、私ごとですが、明日から産休に入らせていただきます。約一年お休みをもらう予定です。公園の皆さんの温かさに支えられ、なんとか大きなお腹でも産休までこぎ着けられました。感謝の気持ちです。あとは、無事出産を終えなれればと思っています。公園には、自宅も近いので頻繁に遊びに来ると思います。その時は、是非声を掛けてください。(RK)

2018年7月19日木曜日

7月19日(木)

この数日、酷暑と言われるような暑さが続きますね。昨日の事務所の裏の気温計も最高気温は39.5度を記録しました。この猛暑の影響で、蚊の活動が落ちています。蚊の仲間は種類にもよりますが、35度を超えると活動が落ちる様で、今年は日中に刺される人が少ない傾向にある様です。またセミも同様に35度を超えると活動が落ちる様で鳴き声も減ってきます。朝方と夕方はニイニイゼミやヒグラシが良く鳴いていますが、今のところ日中はあまり鳴いていないですね。さすがの虫たちもこの猛暑には参っているようです。(KS)

2018年7月18日水曜日

7月18日(水)

花の少ないこの時期の園内を華やかに彩ってくれるのがヤマユリの花です。神奈川県の県花にもなっているこの花、日本に自生するユリのなかでは最大級で、周囲にとてもいい香りを漂わせます。根っこは縄文時代から食用にされていたそう。園内のヤマユリも少し減った気がしますが、今が盛りと咲きほこっています。ヤマユリといえば、2年前に起きた津久井やまゆり園での悲しい事件を忘れることができません。パークセンターでは今日から「ともに生きる社会かながわ憲章」の展示をおこなっています。ヤマユリのお花見と共に、こちらもぜひごらん下さい。(ma)

2018年7月17日火曜日

7月17日(火)

今日も朝から強烈な日差しが照り付け、パークセンター裏に取り付けてある温度計は9時30分現在でもう34℃、吹く風は熱風!汗を拭きふき園内巡視に行ってきました。園路脇にはヤブミョウガやヤマユリが咲き誇り、園内にあるクヌギの木には、アカボシゴマダラ、オオムラサキ、カナブンが樹液に群がっていました。オオムラサキ(♂)の輝く紫色の翅が見られるかとしばらく様子を見ていましたが、残念なことになかなか開いてくれませんでした・・が、運が良ければ開いたところを見ることが出来ますよ~!また、山頂の方からは「ウーァオーアオー、アオウアオー」とアオバトの鳴き声が聞こえてきました(*^-^*)(a)