2018年1月25日木曜日

1月25日(木)

この冬初めての大雪で、昨年から待ちに待っていた丹沢の白馬がやっと現れました。ところが、何だか迫力がありません。顔の部分はきれいなのですが、首から下が白くないのです。この白馬がどうして現れるようになったのか詳しくわかりませんが、一説には、50年位前に付近の落葉樹を伐採し、そのあとが草地になって雪がつもると馬の形にみえるようになったのだとか。そのあと崩落などもあり、年々白馬の形も少しずつ変わっているようです。もしかしたら、草地だった所に木が生えてきて、雪が目立たなくなってきてるのかも。ちなみにこの草地、雪のない時期に登るととても開けて気持ちの良い場所だそうです。ただ、登山道はとても険しく初心者だけで近づける所ではないとか。いつかは行ってみたいと思っています。(ma)

0 件のコメント:

コメントを投稿