2018年6月25日月曜日

6月24日(日)

1590年6月25日の津久井城開城から428年。これを記念して講義・発掘調査についての最新情報を講師の方々に講義していただきました。武田軍と北条軍が激突した三増峠(みませとうげ)の合戦。何故その地が戦の場になったのか?前座の津久井衆甲冑隊の寸劇で場は盛り上がり、みなさん熱心に講義に耳を傾けていらっしゃいました。現在公園の展望広場から津久井から愛川町に抜ける山道「三増峠」を望むことができます。あの場所が戦場だったのか~と想うと不思議な気持ちです。(yk)

0 件のコメント:

コメントを投稿