2016年4月14日木曜日

4月14日(木)

最近、有志と群馬県に「庭」を見に行ってきました。なぜかって?昨年津久井城の発掘調査で発見された、池のような遺構の検証です。どうやら「浄土庭園」に近いのではということで、日本庭園の父祖ともいえる室町時代初頭の夢窓国師(むそうこくし)の流れを汲むかも?城主内藤氏は夢窓国師ゆかりのお寺、光明寺と関係が深いことから、線が繋がるかどうかが興味深いところです(HN)

0 件のコメント:

コメントを投稿